1. ストーリーから探す
  2. 第二章 準備編
  3. 一人暮らしをしても出会いはありません!出会いを引き寄せる準備が必要

一人暮らしをしても出会いはありません!出会いを引き寄せる準備が必要

一人暮らしについていろいろ調べていると「一人暮らし 出会い」「一人暮らし 出会いない」と検索している人がいることがわかりました。まさか一人暮らしを始めただけで出会いがあると思っている?一人暮らしは出会いがない!そうなんです…一人暮らしをしただけでは出会いはありません。出会いを引き寄せるための準備が必要なのです。

一人暮らしをしただけで出会いは訪れません

自分の好きな家具を置き、自分だけの世界が作られる一人暮らし。誰にもジャマをされない空間で時間は自分だけのために自由に使えます。大学進学や就職をきっかけで一人暮らしを始める方が多くいます。初めは楽しい一人暮らしですが、少しずつ「彼氏が欲しいな…」という気持ちが出てくることも。

外出自粛が続く今は「おうち時間」が長くなりました。一人で過ごす時間が長くなればなるほど、寂しさも出て来ます。一人暮らしをしているだけで勝手に出会いは訪れません。まず出会いがあっても完璧まではいかなくてもいいので、ある程度の自立力を持っている女性は有利です。足りていない部分はのちに出会いがあるかもしれない?彼と一緒に成長していけば良いのです。

参考資料:恋愛会議 一人暮らしなのに彼氏ができないのはなぜ?男性から見た一人暮らし女性のメリット

マッチングアプリで実家暮らしはマッチングがむずかしい

参考資料:マッチングアプリで正直に実家暮らしを公開する男は100%マッチング不可

男性の一人暮らしは彼氏ができない!という記事は多くあります。こちらの記事は男性向けですが、女性にも当てはまる部分があるのでご紹介します。
今、多くの人が利用しているマッチングアプリですが、プロフィール欄に一人暮らしか同居かの項目がある場合も。実家暮らしが悪いわけではありません。職場から近いや家族の介護と理由は人それぞれですが、マッチングのしやすさは一人暮らしの方が高いのです。しかし愛知県のように結婚までは実家暮らしが大半の場合は別です。



実家暮らしにマイナスを持っている人が多いのですが、その理由に金銭感覚の違いとあります。掃除や料理をする生活力はのちのちでも身に付くが金銭感覚を変えることは難しいとあります。

つまり、一人暮らしの女性に求められることは給料の中で生活ができる自立力を持っていることと、ある程度の生活力です。一人で生きる力を持っていることは女性としての魅力にもなります。出会いのきっかけにおいて一人暮らしは十分メリットがたくさんあります。

参考資料:マッチングアプリで親と同居(実家暮らし)の女性はマイナス印象になるか?

恋愛を引き寄せる準備をしよう

一人暮らしはマッチングアプリでも有利なことはわかりました。しかし、一人暮らしをしただけでは出会いはありません。仕事をしていると出会いはなかなかありませんが、それを理由に手を抜いて生活をしてはもっと出会いは遠のきます。まずは普段の生活からできることを増やしていきましょう。身の回りが整うと生活は変わってきます。

一人暮らしは結婚までの準備期間でもあります。今は共働きを望む男性がほとんど。仕事と家事を両方こなすスキルが必要になるのです。実家暮らしが懸念される理由はそこにあります。結婚後の家事ができないのではないか。金銭感覚が違いすぎたらどうしようと考えてしまうのです。一人暮らしで生活力を身につけることは結婚生活がうまくいことにもつながるのです。

結婚の基礎練習が1人暮らしでできる

料理


スクリーンショット 2021-04-05 16.38.48.png

参考資料:一人暮らしの食費(1カ月平均)は?自炊で2万円に抑える節約術とは

34歳までの女性の食費の平均金額は39,055円です。この金額には外食費も含まれていますが、自炊回数を増やすことでもう少し1カ月の食費を抑えることができます。1回のランチ代があればどれくらいの食材が購入できるでしょうか。また料理を作るとガス代や水道代も関係してくるので、電子レンジを使ったり、量を多めに作り次の日も食べるなど時間短縮して作ることで光熱費の節約にもなります。

外食やコンビニエンスストアの買い物が増えていませんか?一人分の料理は買い物が難しく使いきれず食材を余すこともあり、お弁当で済ませた方が楽だったりします。仕事で疲れているし…とどんどん作ることがおっくうになります。一人暮らしの料理は自分が食べられるものを作ればいいだけです。食べる相手の栄養やいろどりを考える必要はなく自分のペースで作られるものを作れば良いだけです。

コンビニエンスストアのおにぎりはひとつ120円ほどで購入ができます。お米は1番小さいサイズで2Kg、スーパーで安いものだと1000円ほどで購入ができます。2kgは約13合分です。1合から小ぶりのおにぎりが4個作れますので、毎回おにぎりを買うことを考えるとお米を炊いた方が断然お得です。

料理がうまくなりたいからと料理教室に通う方がいますが、料理教室で作った料理の食材を1から購入してみてください。そろえられている食材から料理を作ることは簡単です。
金額を計算しながら予算内で食材を買うことが実は難しいのです。
毎日張り切って料理をするのは疲れますし、作るときは作る。楽をする時は楽をする。と1週間の中で決めてみるのもおすすめです。

掃除


実は女性の部屋は男性よりも汚れやすいのです。髪の毛も長く床に落ちていたり、メイク用品などの細かい物が多いのです。

部屋のイメージで人の印象はガラッと変わってしまいます。
服装やメイクはかわいいのに、部屋がぐちゃぐちゃだと部屋のイメージがあなたのイメージになってしまいます。一度自分の部屋をじっくり見てみましょう。今の自分を表しています。
不要な物を断捨離をすることで気持ちもスッキリしますし、新しい空間を作ることで良い運気も入ってきます。

掃除で注意をする場所はトイレの便座です。男性のように毎日あげたりしないので汚れに気がつかないことも。トイレやお風呂などの水回りは家の中でも念入りに掃除をしましょう。

洗濯


匂いは印象に残りやすいものです。柔軟剤の匂いがキツかったり、生乾きの匂いは不快にさせます。自分では気づかないこともあるので家族に聞いてみたり、外で一度嗅いでみましょう。洗剤、柔軟剤、漂白剤は種類も豊富なので迷ってしまいますが、かわいいデザインも増えていますので楽しみながら選びましょう。

固定費・変動費の管理


スクリーンショット 2021-04-05 17.30.50.png

参考資料:家計見直しナビ

固定費の見直しを定期的に行いましょう。家賃や保険料の見直しは今自分がどんな生活をしているのか振り返るきっかけにもなります。年齢、収入にあっているか。貯金が少ない!自由に使えるお金がない!という場合、自分の収入に現在の生活が見合っていない可能性があります。現在の生活のレベルを格段にあげたいのであれば収入を増やすために転職が必要だったり、今の仕事は楽しいけど生活が苦しい場合、固定費や変動費を見直すことが必要です。

スマホの料金も格安SIMが各社からどんどん発売されています。毎月3千円安くなるだけでも年間で計算したら3万6千円です。2年たてば家賃の更新料にあてることもできます。固定費を計算する時は年単位で考えてみましょう。キャリアや保険の切り替えはエネルギーを使います。その分ちゃんと自分に返ってくるので後回しにしないで節約を考えた時にすぐ行いましょう。早ければ早いほど自分の為です。

時間をうまく使う


時間は限られています。自由に使える時間は自分が作るものです。結婚をするとそうもいきません。うまく分担ができたら理想ですが、どうしても女性の負担が多くなることが多いです。ある程度一人暮らしを経験し、料理にはこれくらいの時間、掃除にはこれくらいの時間とわかっていたら結婚生活を初めて「うまくいかない…」と落ち込むことも減ります。また料理にしてもゆっくり1時間かけて作れていたものが子供が生まれたり、共働きで帰宅時間が遅くなると作る時間が限られてしまいます。初めからうまくできるとは考えず、少しずつやっていくうちに覚えていくものです。


さまざまな手続き


一人暮らしを初めると多くの手続きがあります。光熱費、受信料、2年目の更新、インターネットの契約、引落口座の書類、備え付けのものが故障した時の連絡、引っ越し業者の手配などすべてを1人で行います。ハンコが必要な書類もあります。一度にやることが多くありますが、一個ずつこなしていくことで少しずつ覚えていきます。結婚をすると役所の手続きも増えます。子供が生まれたり保険が変わったりする時の手続きも相手任せにはせず、ある程度は自分でも対応ができる知識を持っておきましょう。

1人暮らしは無理をせず。家事代行をうまく活用

今のべたことを全て完璧にこなせとは言いません。誰でも得意なこと、苦手なことがあります。料理は得意だけど部屋の掃除が苦手、仕事で忙しいけど健康的なものが食べたい。生活スタイルは人それぞれです。今は家事代行もお得に利用ができます。仕事が忙しい場合は時間を有効的に使うためにも家事代行はとても便利です。

24歳女性の私が「家事代行」を3年ほど利用して気づいたこと

24歳女性が家事代行を利用した経験の記事です。
私は家事をひと通り自分でやってみたうえで、やはり「家事代行の人に頼んだ方が圧倒的にコスパがいい」と確信している

プログラミング初心者が何百時間かけても達成できない境地に、やり手のプログラマーならあっさり数時間で辿り着いてしまうようなもの
まずは自分でもやってみたが家事代行の素晴らしさに気づいたとあります。掃除は細かく考えると換気扇、洗濯機の糸くず取り、お風呂の髪の毛やかび、台所の排水管などなどたくさんあります。さぁやるぞ!と気合いを入れても素人が行う掃除にかかる時間とプロが行うものでは時間も短く完成度も違います。

家事代行を使うことでお金はかかりますが時間の余裕ができます。この時間を有効的に使うことが大切です。副業にチャレンジをしてみたり習い事をするのもおすすめです。またゆっくり何も考えない時間を作ることで新しい案がうかぶこともあります。家事代行を使うことで仕事がうまくいったりプライベートが充実します。

自分へのプレゼントに家事代行を使ってみるのはいかがでしょうか。空いた時間は自分のために使い、帰ってきたら部屋がきれいになっていたら気持ちもリフレッシュができますね。家事代行サービスは増えていますのでぜひご参考にしてください。

若い女性スタッフに依頼したい!指名ができる家事代行サービス一覧

一人暮らしの目標は自立

マッチングアプリで一人暮らしが選ばれる理由に「自立した生活を送っている」があげられます。自分1人で生活ができる力を持っている女性がなぜモテるのか。男性も仕事やプライベートが充実してくる20代から30代は自分の時間を大切にしたいはずです。そんな時に男性に頼ってばかりいる女性と、ある程度自分で生活ができ1人の時間を楽しめる女性ではどちらがモテるかは一目瞭然です。

自立力をつけるにはなにが必要か自分で目標を立ててみましょう。掃除、料理、お金の管理など生活をする上で必要なことはたくさんあります。一度にできなくてもいいので時間がかかってもコツコツとできることを増やしていきましょう。

自立と恋活は同時進行!

では「自立ができていないから恋ができないの?」ということはなく、自立を目指しながら恋をする準備をしていくことです。自分のスキルが上がっていくと必ず自信になります。表情や付き合う友人も変わってくるので今までとは違った出会いも増えてきます。ある程度まで自立力を身につけ良いご縁に恵まれたら一緒に成長をしていけば良いのです。自立と恋活は同時進行です。これが結婚への近道でもあるのです。

美咲と葵

美咲.pngのサムネイル画像

美咲 「一人暮らしは自分を成長出せてくれるね!自分で考える力もつきそう!」

葵.png

葵 「実家暮らしだけど…お弁当作ってるし…部屋もキレイにしてるし…」


この記事を書いた人

花香.pngのサムネイル画像

戀愛のすゝめスタッフ

結婚相談所の事務。婚活中の方や仲人の話を真ん中の立場で聞くことが多く、恋愛・婚活の相談を受けた件数は数知れず。そもそも恋愛がわからない子が多く存在し、そしていきなり婚活となりつまずく様子を見て、恋愛超初心者向け恋愛情報サイトを作ることを決意。恋愛相談6万件を受けてきたカリスママッチメーカーにアドバイスを受けながら、自分たちも恋愛について学び始めた。ネット上の恋愛サイトを読みまくるも、そもそも恋愛初心者にはハードルが高い悩みばかりだと気づく。そして気づいたのが「恋愛経験と婚活は別」ということ。恋愛のプロではなく、恋愛経験が少ないスタッフだから寄り添える恋愛サイトを作るべく日々勉強中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう