1. 連載記事
  2. 【連載】カリスママッチメーカー が教える「迷わない女」になる5つAction!

【連載】カリスママッチメーカー が教える「迷わない女」になる5つAction!

迷いは日々誰にでもあることです。しかし迷う気持ちはどこから生まれるのでしょうか。婚活中の女性にとって大切なことが、ギュッと詰まっているAction!をご紹介します。

ごきげんよう!クリたまちゃんです♪

Action!も終盤に差し掛かってきました。今回の「迷わない女」になるは、恋愛をしていく上で、最も大事な部分を詰め込んだAction!となっています。迷わない女になるには、自分を過小・過大評価するのではなく、的確に評価すれば、今までの経験に自信が持てるはずですし、堂々としていられるはずです。

ま 待てる女になる

3.png
今はLINEで相手と簡単にやりとりができます。既読がついたのに返事がない。とソワソワしたり、返事がないのにまたメッセージを送ったり。
時代はスピードの速さを求めるようになり、待つということができなくなっていませんか?
恋愛においても、告白をしてくれないと悩む女性もいますが、知恵を絞って、告白をしてもらえるように、レールを引いてあげましょう。そのあとは待つだけです。
どこまで手をかけてどこで手を引くかを見極められる女、周りの人たちの状況やペースを理解して相手の出方を温かく見守れる待てる女になりましょう。

1.png

み 未来を見る女になる

4.png終活のためのエンディングノートが売れています。若いからまだ関係ないと思われるでしょうが、時間はあっという間に過ぎていきます。終活ノートではなく、終職ノートを作ってみませんか。
未来までの目標を先に書いておくことで、1日の過ごし方が変わってきます。

終職ノートの書き方

①定年退職を65歳として、それまでにやりたいことを優先順位をつけて10個書きます。結婚や出産を望んでいるなら、働き方は変わってくるでしょう。
②1年に1項目として今年の目標をさらに10分割して毎月の目標にします。12項目でないのは、休みを考慮しています。余裕を持つことも必要です。
③さらに月目標を20分割すれば、今年の目標に対して今日やるべきことがわかりますから、すぐ実行に移しましょう。
④本筋の仕事とは別に、1時間でできるペース配分にしましょう。そして、5年、3年、1年スパンで計画の軌道修正をしていきます。夢や理想を空論で終わらせることなく、確実に実現できるものになります!

仕事の効率アップ方法

わたくしは、出社をしたらまずは5分で、今日やるべきことを優先順位に書き出していきます。前日ではなく当日がベストです。
だいたい1時間に1仕事ペース。8時間勤務で5つがベストです。
効率よく仕事をするためにも、休憩や考えたりする時間、不意な用件が入ることもありますので、余地を残しましょう。
1つ終わったら、赤線を引いて達成感をしっかり味わいながら、少しお菓子をご褒美に!そして次の仕事に取り組みましょう。

自分を励ますことを忘れずに

達成感を味わいながら、クリアした自分を必ず励ますことを忘れずに。日々小さな達成感を味わいながら進んでいくと、いつの間にか不安が大きすぎて直視できなかった未来が、現実性を帯びてくるので、希望を持って見れるようになってきます。叶えられる道筋が見えてくるからです。

プライベートでも目標を

仕事と同じようにプライベートでも同様に目標を立てて楽しみながら実行していきましょう。プライベートでも人生でもお仕事でも終わりに向けての未来をしっかり考えていただきたいのです。
未来の見える人は、夢までの時間を逆算して毎年、毎月、毎日の目標に落とし込むことができて、実行していける人です。今日の一歩が確実にそこへ繋がっていることを知っている人です。

2.png

む 夢中になれる女になる

5.png人は仕事に夢中になると意識が集中するので能率が上がりスピード感が増して脳のエンジンも全開になり、すばらしいひらめきが次々に湧いてきて目標に近づいていくことにワクワクドキドキして他のことは何も考えられなくなります。お仕事の楽しさは、夢中になってはじめてわかるものです。

専業主婦時代にハマったドラクエ

三日三晩徹夜で食うや食わずで、家の中で起きていることは何も視界に入らず、頭は爆発状態で夢中になったことがあります。
とても人さまにお見せできるような姿ではありませんでした(笑)
夢中になれる能力は、人間の能力の中で最高の快楽をもたらしてくれるものじゃないでしょうか。

夢が教えてくれた、何の根拠もない使命感

わたくしは5年前に自分のファッションブランド「JuviJuvi」を立ち上げました。理由は夢を見たからです。
アラフィフになり、若い人のブランドは着たくても入らないところがあちこち出てきたり、オバチャン服にはまだ早い…
「最近着たいと思う服がないなぁ〜。よし、自分で作ろう!」なんて考えている時に夢を見たのです。

どんどん浮かんできたデザイン
夢の中でわたくしは、生地がいっぱい並んでいる空間をさまよっていました。目が覚めて、どうしても気になったので、「東京で1番生地が多い街」を調べ、翌日、日暮里の生地問屋街に直行しました。めくるめくデザインが浮かんできて、心はパリコレのデザイナー状態です。「よし、わたくしが創る」と何の根拠もない使命感のスイッチがパチンと入ったのです。

夢中になっている時=道が開ける時

本当にやりたいと願い夢中になって進んでいくと、もうダメだと思った行き止まりにもふと日が射して細い抜け道を示してくれるように道が開けていくものです。そう、道が開けていく時は夢中になってそのことをやっている時です!

3のコピー.png

め 目指すものがある女になる

6.png
あなたは今、お仕事で何を目指していますか?
昇格、昇給、資格取得、組織作り、プレゼンの成功、専門知識、技量のスキルアップなど、定年から逆算して今やっておくべきことを、決して見失わずに与えられた目標に向き合ってください。自分の仕事人生の目標に焦点を当てることで達成できます。

足元の大切なものを忘れないで

人はともすると、大きな目標を目指すうちに、足元の大切なものを見失いがちです。大木を目指して空の太陽ばかり見ていると根本の土がカラカラに乾いていることに気づかなくて枯れてしまいます。
目指すものがある時こそ、そこだけに偏った力の入れ方をしないで、バランス感覚を活かした生き方が問われる時です。仕事の大きな目標とそれとは何の関係もないように思える人間関係での小さな目標をバランスよく仕事生活に取り込んで、心の調和を保ちましょう。

目標達成に必要なことは、心のバランス
心に偏った歪みが出てくると、いくら頑張っても、第一目標も空回りに終わってしまいます。目標は達成できても、人間関係が壊れてしまうことがあれば、心の充実感が持てず不幸なことです。全ての行いは、自分で撒いた種です。心のバランスを失い自分の心ばかりフォーカスしてきたツケです。

仕事の成功は、人間関係が全て

チームワーク、家族の協力、円満な取引関係などの人の気持ちの集大成で成立しています。円満な取引関係など人の気持ちの集大成でできています。人の気持ちを考えない目標は立ててはいけません。
気力、体力のあるうちに仕事人生を思う存分楽しみましょう。
仕事は、今確かにここに生きているという実感を与えてくれるものです。
しっかりと目指すものを持ち、ワークと人間関係のバランスをほどよく見極めながら頑張って生きていきましょう!

4のコピー.png

も 求めない女になる

7.pngさまざまな課題があって、頭の中がパンクしそうな時に、いろいろ考えても良い答えは見つからないものです。そんな時こそ、完全に脳をオフにして、自分からは何も求めないという状態を意図的に作ってみてください。そうやって全て手放した時にしか見えてこないものがあるのです。
一点に関連した情報だけを吸収しようとすると、他の情報が入ってきません。何も求めないでいる時の方が、最も必要な情報を発見できます。

周りに、自分と同じような考えを求めてしまうと、とても疲れます。
例えば飲み会の席でも、自分の意見ばかりを話すのではなく、人の話をじっくり聞いていると、自分の思い込みや過信にも気づかされます。
周りに求めすぎず、自分の可能性を信じて生きていきましょう。

あなたが後に指示する立場になった時、あなたの姿勢をずっと見てきた人からは、たくさんの助けの手が伸びてきて、仕事にも私生活にも良いご縁を引き寄せてくれる現象を生み出すのです。

5のコピー.png
次回はやゆよ!やりすぎない「やる気のある女」になる5つのAction!をご紹介します。

社長メルマガ.png

この記事を監修してくれた人

クリたまちゃん.png
カリスマ マッチメーカー

クリたまちゃん

20年以上にわたり数多くの結婚を前提とした出逢いをプロデュース。
「出逢い、学び、つながる幸せ」を掲げ、婚活に「学び」の要素を入れたプログラムを提供。
のべ60000人以上に行なってきた婚活や恋愛、結婚生活のアドバイスは、「わかりやすく具体的、すぐ実践できる!」と好評を得ている。私生活では、お互い仕事を持つ夫婦として充実した毎日をおくりながらも、 円満な夫婦関係を30年にわたり維持。その経験や知恵を通して「結婚の素晴らしさ」を次の世代に伝えるべく、社長業にとどまらず、講演、セミナー、執筆活動、そして、女性らしさを演出する婚活ファッションのデザインなど、その活動は多岐にわたる。
著書「45歳からのプラチナ女子宣言!!?恋も仕事も最高に輝く46の習慣」「おふたりさま はじめました。」(幻冬舎)

この記事が気に入ったらいいね!しよう